更新日:

IBM Cloud FunctionにCLIでデプロイする。言語はNode.js。NPMのライブラリ使える。ライトアカウント(無料でクレカ登録なし)で月500万回実行できる。メルアドだけで登録できるぞ。

タグ

IBM Cloud Foundryとは

IBM CloudのPaaS(Platform as a Service)。


IBM Cloudのアカウントを作る

https://www.ibm.com/jp-ja/cloud
メルアドが必要。


CLIツールをインストール

基本CLIツールを使ってデプロイする。
ここに各OS用のインストーラがある。
https://github.com/IBM-Cloud/ibm-cloud-cli-release/releases/


初期設定をする

ログイン済みの状態で下のアドレスに飛ぶ。
https://cloud.ibm.com/functions/learn/cli

手順が掲載されている。


ソースコード

package.json
{
  "name": "プロジェクト名",
  "version": "1.0.0",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "build": "webpack --config webpack.config.js",
    "create": "npm run build && ibmcloud fn action create プロジェクト名 dist/bundle.js --kind nodejs:12",
    "deploy": "npm run build && ibmcloud fn action update プロジェクト名 dist/bundle.js --kind nodejs:12"
  },
  "dependencies": {
    "cheerio": "^1.0.0-rc.5"
  },
  "devDependencies": {
    "webpack": "^5.23.0",
    "webpack-cli": "^4.5.0"
  }
}
webpack.config.js
var path = require('path');
module.exports = {
  entry: './index.js',
  output: {
    path: path.resolve(__dirname, 'dist'),
    filename: 'bundle.js',
  },
  target: 'node',
};
index.js
// NPMのライブラリ使える
// const cheerio = require('cheerio');

// 引数使える
const main = params => {
  return { message: "hello" };
};

global.main = main;

デプロイ

初回

bash
$ npm run create

二回目以降

bash
$ npm run deploy

© 2020- itsumen.com