更新日:

Vercel GitHub Actionsで自動デプロイ

タグ

あらかじめローカルでプロジェクトを作っておく

環境変数

VECEL_TOKEN → コンパネのSettings→Tokens
VECEL_ORG_ID → .vercel/project.jsonに書いてる
VECEL_PROJECT_ID → .vercel/project.jsonに書いてる

ソースコード

public/index.html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
    <title>Document</title>
  </head>
  <body>
    <h1>hello</h1>
  </body>
</html>
.github/workflows/main.yml
# 何でもいいから名前をつける。今回はCI
name: CI

# リポジトリにpushされた時に動く
on: [push]

# 必ず書く
jobs:

  # jobの名前を書く
  aaa:

    # osはubuntuを使う
    runs-on: ubuntu-latest

    # 実行手順
    steps:
      # masterブランチにチェックアウト
      - uses: actions/checkout@master

      # 何でもいいから名前をつける
      - name: a

        # 実行するコマンドを書く
        run: |
          mkdir .vercel
          echo {\"orgId\": \"${{ secrets.VECEL_ORG_ID }}\", \"projectId\": \"${{ secrets.VECEL_PROJECT_ID }}\"} > .vercel/project.json
          npx vercel --token ${{secrets.VECEL_TOKEN}} --prod

© 2020- itsumen.com